鶏ムネ肉を柔らかく調理する方法(決定版)

それは私の理性を混乱させることはないが、鱗のように目に覆いかぶさるので、燭台の灯がもう消えているかどうかを確かめることはできない。だが、かような思い込みはしだいに意味不明なものに変わってゆく。あたかも輪廻転生を経たあとの前世の思考のように。
マルセル・プルースト『失われた時を求めて』

これまで何度も挑戦し続け、そして破れ続けてきました。

最後に挫けたのは・・・

そう

某著名シェフによる「究極のしっとりムネ肉」的な動画を閲覧し、一言一句違うことなく解説通りにやったのに、舌先に触れた鶏の感触がまごうことなくバッサバサだったとき。
ふいにアラル海や不惑を過ぎた乾燥肌のことが思い浮かび寂しくなったのと、やっぱりムネ肉はしっとりできないんだと心の奥でポキっと何かが折れた音が聴こえました…。

一流シェフとはウデが違うんだから当たり前だろーーっ!

というもっともなツッコミはさることながら、誰がやっても同じよーにならなきゃ簡単レシピとは言えないんじゃー!!「柔らかくするにはスキルが必要です」とか書けやーっ!!と理不尽に怒りつつ、言えないけど実は自分もそーなんデスというサイレントマジョリティに向けて涙をこらえて本稿を書きました。

安心してください。
この方法ならアライグマがやっても同じ結果になるハズです。

 



さっそくレシピをご紹介いたしましょう。

材料

※今回は鶏肉900gなので砂糖大さじ9。三温糖を使っていますが白砂糖やグラニュー糖でOKです

STEP.1
鶏肉の準備
皮を剥ぎ、余分な脂肪も取っておきます

※鶏皮は塩を振ってカリッと焼けば美味しいおツマミに♪
STEP.2
砂糖をまぶす
鶏肉にお酒を振りかけ、まんべんなく砂糖をまぶし30分ほど置いておきます

STEP.3
調味料を投入
沸騰したお湯に塩とコンソメをいれます
STEP.4
鶏肉を投入
1分ほど強火にかけたら火を消します
STEP.5
予熱で調理
落とし蓋かキッチンペーパーを乗せて60分ほど放置
STEP.6
完成!!
好きな厚さに切り分けたら、お好みの調理料をかけて召し上がれ♪

イメージとしては、スーパーやコンビニで売ってるサラダチキンの上位互換といったところ。

かすかに塩味がついていますが、お好きなつけダレにくぐらせるとより美味しくいただけます。

オススメは
・マヨネーズ + 一味唐辛子
・醤油 + 酢 + ラー油(お好みで豆板醤も)
など。

はじめに砂糖につけて塩水で茹でるのは、燻製を作るときに使うソミュール液やピックル液、七面鳥の丸焼きなどに使われるブライン液と同じ考え方です。

コスパに優れまくった鶏ムネ肉にひと手間かけるだけで、しっとりジューシーな逸品に変わるので、ぜひお試しあれ!

 


 


スタジオギビン「シンガー募集」特設ページ

studio givin
<Instagram> 
<TikTok>
<Youtube公式チャンネル> 
<Twitter>
<Facebook> 

 

花織aika
<Twitter> 
<Instagram> 
<TikTok>
<リリース一覧> 

 

花織aikaスタッフ
<Instagram>  

 

花柄のアリスメティック
<Twitter> 
<Instagram> 
<TikTok>
ラインスタンプ「人生に疲れたあいなスタンプ第2段」 

 

ギビンマイスイート
<Twitter まいこ>
<Twitter みわ>
<SoundCloud>
46曲入りアルバム『Assorted sweets』

 

NachaCacha
ラインスタンプ「人生に疲れた中高生のためのあいなスタンプ」