予約フォーム 復旧いたしました

ご迷惑をおかけしていた花織aikaのチケット予約フォームですが、

「エラーが表示されて送信できない」
「送信後なにも表示されない」

など現在までに確認できた不具合を修正いたしました。
貴重なお時間をいただいたうえ、ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

ただいまのところ花織aika / 花柄のアリスメティックとも、予約フォームは問題なく稼働しております。
ご予約の際は、各WEBサイトよりご利用いただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。



先週は新栄スペードボックスで花織aikaのライブがありました。

学校から直に現場入りだったので、制服のままサウンドチェック。

本番前の前室では肉まんとおにぎりを。

そのせいでしょうか。

本人もインスタに
「恥ずかしいハプニングがあり急に声がでなくなった」
と書いてましたが、あいかの名誉のために申しますとけっして歌詞がとんだのではアリマセン。

まぁ、その・・・なんというか・・・おなかいっぱいで・・・。

「とっさにマイク外したよっ!!」

と緊急的な対応をホメろと言わんばかりにドヤってきましたが、お客様に不快な思いだけはさせていないのでご了承いただけたらと思います。
あとはご賢察賜ることをお願いするだけ…。

そんな花織aikaですが、次のライブは
2/7(金)新栄ハートランド

この日より、先日配信が開始されたFFF(エフキューブ)のCDが販売となります。

『かけがえのない場所 / FFF』

¥500(2曲入り)

ご予約はコチラから 

 

本年度の花織aikaは路上ライブもスタートする予定です。

先日は手描きのPOPを作ってました。

完成までの工程を近くで見ていましたが、思い切りよく描き始めたと思うと仕上げは丁寧だったり、実にバランスよく仕上げておりました。
インスタロゴのグラデーション部分などは指でにじませたりと職人さん的な素養も発揮。

もんじゃ焼きとイカのほか、POPを作る際も集中することが判りました。

一方の花アリですが、もっちーが初投稿したブログは読んでいただけましたか?

はじめまして、

「ブログ書きたい!」

てことだったので無理せず書いてみなーと伝えた矢先、スグに仕上げてまいりました。

もっちーは写真を撮ったりアイドル事情を教えてくれたりと本当に有能なコなのですが、何より安心なのが

漢字を使った複行の文章が返ってくる

ことにつきます。

えぇーそりゃもう、句読点はないわゼンブひらがなだわどこまでが文節なの!?っていうのを判別するところからいつもタイヘンなのです。

そんなもっちーに影響されたのでしょうか?
あいなも月1でブログを書くと言ってます。

先日も「さぷら~いず!!」と、あいかについてゴハンだけ食べに来ました。

あいなスタンプ第2段を仕上げるからーっ

と、えらそーにしてましたが案の定

「うぅっ食べすぎたーっ。ちょっとだけ休もう♪」

とおもむろに横たわる姿は、水棲哺乳動物を思わせるシルエット。

いや!
なんといっても現役の女子高生。

いま見えてるのは実は錯覚で、本当の姿は華奢で儚げな姿であってほしいと切に願います。

ただいま制作中のラインスタンプ第2段。

本来なら2019年末までに仕上げる予定でしたが、ぜんぶほっぽりだしてユニバにいったり卒業旅行の日程だけさっさとスケジュールに登録してたり…。

ま、まぁ・・・さぞすごいものが出来上がってくると信じて待ちましょう。

それより

「スタンプの確認するからスマホかしてください」

と言うのを真に受けて、あいなに手渡したら・・・

なにひとつ有用な使い方はせず、待受画面を勝手に変えやがりました!!
あいなから何か貸してほしい、という言葉をきいたときは要注意です。
ロクでもないコトをするときだけアクセル全開なのデス。

はぁ・・・。


ほんとに書きたかったのはここから!!

スクエアプッシャーの新譜『Be Up A Hello』が1/31にリリースされました。

同じ文脈(=ドリルンベース)の雄といえば、お馴染みエイフェックス・ツイン。
この二人に共通することは偏質的なエディットと神経を逆撫でして刺してくるグリッチ(ほめてます!)
さらにド変態だということ(ものすごくホメてます)。

ライゾマ真鍋さん(※)が監督した『Terminal Slam』MVが公開されていますが、この人こんなに聴きやすかったっけ!?

※真鍋大度(まなべだいと)
最新テクノロジーを使ったメディア・アートやデザイン、広告など領域横断的な活動を展開してきたスペシャリスト集団「ライゾマティクス」取締役、ディレクター。メディアアーティスト、プログラマー、デザイナー、映像作家、DJ、VJ。

撮影した動画の中に含まれる人やオブジェクト、広告を、AIを駆使して自動認識させ、それらを現実から消去したり、広告を別のものに置き換えるなどの処理をしています。かなり近い将来、デバイスを装着して街中を歩きながら今回のMVと同じように広告を自由に書き換える体験が出来るなと思いワクワクしています。
ー 真鍋大度 (Rhizomatiks)

広告が次々にスクエアプッシャーのものへと変換されていくMVは、ふだん恣意的に浴びせられているプロパガンダの暴力性がまざまざと。
広告って基本は不安商法だから、みないに越したことはないデスね。

サウンドは変態的だけど聴きやすくてポップ。
でもコレものすごいバランスで組み立てられてます。
ポップすぎるとケレン味溢れて安っぽくなるし、逆だとマニアックで難しい。
う~ん、やっぱりすごいなぁ。

4月には来日しますネ。
なんと名古屋にも来るっ!!

2020年4月1日(水) 名古屋CLUB QUATTRO

ADV ¥7,000+1D
OPEN 18:00 / START 19:00
※未就学児童入場不可

って、こんなの未就学児に聴かせたらトラウマになるわ笑
もう発売されてます♪

studio givin 
<Twitter>
<Facebook>  
<Youtube公式チャンネル>
シンガー&花アリ追加メンバー募集のお知らせ

花織aika
<Twitter> 
<Instagram> 
<TikTok> 

花柄のアリスメティック
<Twitter> 
<Instagram> 

ギビンマイスイート
<Twitter まいこ>
<Twitter みわ>
<SoundCloud>

NachaCacha 
ラインスタンプ 「人生に疲れた中高生のためのあいなスタンプ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です